宇田荻邨 版画作品 販売中です 在庫有り

生涯を通して京都の四季を描き続けた宇田荻邨 繊細で趣のある品格の作品は今もなお人気を博しています
どうぞ 本物の味を お手ごろ価格でご堪能ください


■■ 宇田荻邨 プロフィール ■■

明治29年 三重県松阪市に生まれ。
大正12年 京都に出て、菊池芳文の門に入り、京都市立絵画専門学校に学ぶ。
昭和 2年 帝展委員、翌年は審査員となる。
       師芳文の没後はその養嗣子菊池契月につく。
昭和11年 京都市立絵画専門学校教授になる。
昭和31年 契月の没後、画塾「白申社」を主宰、後進の育成にも努める。
昭和36年 日本芸術院会員となる。)
昭和41年 「白申社」を解散して、画業に専念する。
昭和42年 勲三等瑞宝章に叙せられる。
昭和47年 松阪市名誉市民となる。
昭和55年 83歳で逝去。