版画の技法につきまして

シルクスクリーン ヒロヤマガタ・初期のシムシメール・鈴木英人の作品に見られる技法です
金属や木製などの枠に張った絹やナイロンなどのフィルムに、感光剤などで図版を謄写します
直接絹や、ナイロンにマスキングの塗料を塗り制作することもあります
ヒロヤマガタの絵を見ますとたくさんの色が重なるようにその色彩を誇示しています
そんな作風にはぴったりの画法です
リトグラフ シャガール・ミロ・ビュッフェ・アイズピリ等クラッシックなフランス版画がほとんどこの技法を用います
天野喜孝も好んで使う手法です
版画の古典的な手法で、18世紀末、楽譜を印刷するためにドイツで発明された技法として現在に至っています
版には平面の石灰石などを使用し、油性の強い墨、クレヨン、鉛筆などで絵を描いてから、空白部分に水となじみ油をはじく薬品処理を施します
こうした石の表面にローラーで油性インキを塗り、インキを付着させると原版が完成します
いまは、石灰石に代わって亜鉛、アルミなど金属板が多く使用されています
ジクレ
ジグレ
ジークレー
アメリカ版画を中心に広がりを見せている高画質デジタル印刷です。リトグラフやシルクスリーンなどとは異なり、版は使用していません
ジクリー、ジークレーの語源ですが、gicleeとは、フランス語でインクの吹き付けを意味します。
これは、スクリーンを通さず、キャンバスや版画の紙に毎秒4百万以上、インクのミクロ粒子を、噴射して7万色以上の微細な発色を可能にしてます
非常に繊細な線のタッ微な色彩の変化、色彩の揺れなども逃さず再現することができ、現在最も原画に近い版画制作法といわれています
アイリス ジクレと基本的に同様の技法です。プリンターのメーカー名をとってアイリスと呼ばれることもあります
ミクスドメディア ミクスドメディア(混合技法)
複数の製版技法を組み合わせる技法です ミクスドメディアは広範なジャンルに使われる言葉です
ラッセン・シメールデビッドミラー・等のアメリカ版画についていいますと
写真製版された下絵にシルクスクリーンをプラスして、原画の微妙なグラデーションや繊細な陰影、奥行きのある立体感などを表現しています
従来のリトグラフやシルクスクリーンでは実現できなかった立体感・色彩を表現できます
シバクローム
チバクローム
イルフォクローム
カナダのシバガイギ社が特許を取得していることから、シバクロームという呼び名がついています
美術館等が、修復の際、色の保存に用いている技法になります
一般の版画と最も異なる点は、版画が刷られているものが紙やキャンバス布ではなく フィルムという点です 写真の究極の応用と考えればわかりやすいでしょう
写真の場合は、色を定着させる際に、酸とアルカリの反応を利用する点から 酸化(変色)しやすいのですが、シバクロームの場合は、すべての工程において中性の状態で作業するため、酸化しにくいという特徴があります。
同様にイルフォード社(スイス)から商品は、イルフォクロームと呼ばれます
アータグラフ 従来の版画は、色彩の再現までは出来ましたが、完全な凸凹までは不可能でした
そこに生まれたのが、カナダA.R.T.社の「アータグラフ」です
キャンバス上に版が刷られ、版画の表面に凹凸がつけられ、原画の筆づかいを忠実に再現している技法です 工程としては、画像をデジタルスキャンし原画に忠実な色合い色調をつけ、そのうえに
コンピューター等を使い、原画の表面の凹凸を読み込みながら版を製作していくところが特色です
ラッセンはこの技法を好み、その版画は本画と見ちがえるほどです
ラッセンの版画の技法についてのみ 詳細に説明するページを追加しました こちらからどうぞ
ご注文・お問い合わせ・ご質問は、お気軽にご連絡ください。

お問い合せは 072-981-0313 info@alexjapan.co.jp